デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの色が平均?自力で治る?

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの色が平均?自力で治る?

「私はひどいデリケートゾーンの黒ずみなのか?」
「ひどいデリケートゾーンの黒ずみってどのくらいのレベル?」

そんな悩みを持っていても、なかなか友達にもデリケートゾーンの黒ずみを見せてとは言えません。
デリケートゾーンの黒ずみがひどいとどのくらいのレベルの色になるのか詳しくまとめました。

デリケートゾーンの黒ずみの平均の色はどのくらい?

デリケートゾーンの黒ずみの平均の色はどのくらい?
デリケートゾーンの黒ずみが気になる方なら、自分の黒ずみが平均より濃いのかどうか心配になるのではないでしょうか?
インターネットでは、デリケートゾーンの黒ずみ写真などを見る事もできますし、調べてみると日本人女性のデリケートゾーンの黒ずみの平均的な色がどれくらいかも分かります。
日本女性は、アジア系の人種になりますので、白人や黒人とは異なり黄色人種です。
黄色人種のデリケートゾーンの黒ずみは、白人等に比べるとメラニン色素が多いので黒ずみやすく、一般的には赤黒いのが普通の色になります。

デリケートゾーンの黒ずみの平均の色は「ライトブラウンからブラウン」

デリケートゾーンの黒ずみの平均的な色はどのくらいかというと、ライトブラウンからブラウン位だと思って良いでしょう。
ライトブラウンよりもブラウンに近いとか、ブラウンよりもデリケートゾーンの黒ずみが濃い場合は、平均の色より濃い可能性もあるので、早めにデリケートゾーンの黒ずみケアを行った方がいい場合もあります。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみはどのくらいのレベルの色?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみはどのくらいのレベルの色?
デリケートゾーンの黒ずみでも自分でひどいと思っている方はどのくらいのレベルなのか?気になるケースも多いです。
なかなかデリケートゾーンの黒ずみは人と比べることができませんが、ひどいとどのくらいのレベルの色になるのか?アンケートを元に3つのレベルに分けました。

レベル 黒ずみ 割合
レベル1 キレイ ベージュまたはピンク
ベージュまたはピンク
10%
レベル2 普通 茶色またはうす茶色
茶色またはうす茶色
47%
レベル3 ひどい 黒またはこげ茶色
黒またはこげ茶色
43%

レベル3の色だとひどいデリケートゾーンの黒ずみになります。
レベル2は一般的と言えるでしょう。
レベル1に関しては何もデリケートゾーンの黒ずみ対策をする必要はありません。

私のデリケートゾーンの黒ずみはひどい?皆はどのくらい?

私のデリケートゾーンの黒ずみはひどい?皆はどのくらい?
「私のデリケートゾーンの黒ずみはひどいのか?」と悩んでいる場合、自分がどのくらいのレベルなのか気になります。
日本人の平均のデリケートゾーンの黒ずみはアジア人女性の平均の色で赤黒い事が多いです。
レベルだと、レベル2からレベル3の間くらいになりますが、欧米人に比べると黄色人種なのでどうしても黒ずみが濃いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみは個人差があるので赤黒いのにも差があります。
また、たとえひどいデリケートゾーンの黒ずみで色が黒っぽくても全く改善の余地がないかといえばそうではありません。
ひどいデリケートゾーンの黒ずみだからと言ってあきらめることは無いです。

デリケートゾーンのIラインの黒ずみの色はどのくらい?

デリケートゾーンのIラインの黒ずみの色はどのくらい?
ひどいデリケートゾーンの黒ずみでもIラインの黒ずみはどのくらいの色でしょうか?
ネットでもデリケートゾーンの黒ずみの色の写真が公開されていますが、Iラインはほぼありません。
どのくらいがIラインの平均の色かというと、赤黒い程度からこげ茶くらいの方が多いようです。
どちらかというと、デリケートゾーンの中でも最も繊細な部分なのでメラニン色素の生成も活発で色が濃くなります。
デリケートゾーンの黒ずみのお悩みの中でも目につきやすいVラインより、Iラインの黒ずみが気になるケースも多いです。
Iラインの黒ずみがひどいと感じるなら早めのケアが必要でしょう。

目標にするデリケートゾーンの黒ずみ改善の色はどのくらい?

デリケートゾーンのIラインの黒ずみの色はどのくらい?
ひどいデリケートゾーンの黒ずみはこげ茶や黒になりますが、改善するとしたらどのくらいの色を目標にしたらいいのでしょうか?
まずは、ひどいレベルから普通レベルを目標にされることをおすすめします。
いきなりデリケートゾーンの黒ずみをピンク色にしようとすると挫折する可能性が高いからです。
デリケートゾーンの黒ずみはひどい場合、改善するまでに時間がかかります。
一番効果が高いといわれている皮膚科のレーザー治療でも、ひどいデリケートゾーンの黒ずみだとどのくらいで治るのかもわからないです。
まずは、達成できる目標であるレベル2(茶またはうす茶)の色を目指しましょう。
こちらを達成してからピンク色を目指してください。

デリケートゾーンの黒ずみは自力だとどのくらいで治る?


デリケートゾーンの黒ずみを何とかしたいと思うならケアをすることが必要ですが、自力でケアはできるのでしょうか?
まず、デリケートゾーンの黒ずみは自然と薄くなるケースは稀です。
加齢によって70歳以上とかになったらデリケートゾーンの黒ずみも薄くなると言われていますが、そこまで待てないのが普通でしょう。
特に20代や30代の女性は、パートナーにもデリケートゾーンの黒ずみが恥ずかしくて見せられないという切実なお悩みをお持ちの場合も多いですが、恥ずかしくて美容クリニックや美容皮膚科にも行けないケースが多いです。

デリケートゾーンの黒ずみはセルフケアで治せる?

専門家にデリケートゾーンの黒ずみケアをお任せできない場合、自力だとどのくらいで治るかはケア方法で違います。
例えば、デリケートゾーンの黒ずみ石鹸で毎日デリケートゾーンを洗ったとしても、デリケートゾーンの黒ずみ石鹸に美白成分が配合されていなければ、ほとんど黒ずみは解消されません。
デリケートゾーンの黒ずみクリームで美白成分が配合されているものならば、早い方で使用後3ヶ月目くらいから効果を感じ始め、半年くらいの使用でデリケートゾーンの黒ずみが気にならなくなったというアンケートも見られます。

セルフケアだと4ヶ月以上もかかる

どのくらいでデリケートゾーンの黒ずみを治せるかはケア方法やデリケートゾーンの黒ずみの濃さがどのくらいかで違うでしょう。
自力で治す場合、早くても4ヶ月から半年、一般的には1年以上かかると思っても良いです。
早くデリケートゾーンの黒ずみを解消したいならば、美容クリニックや美容皮膚科などの医療機関を利用するという方法もあります。

デリケートゾーンの黒ずみは環境や生活習慣でどのくらいで治るかが変わる

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいで治るかについては、ケア方法や黒ずみの濃さによっても大きく違いますが、環境や生活習慣でも異なってきます。
デリケートゾーンの黒ずみは、摩擦によってメラニン色素が刺激され濃くなると一説では言われていて、スポーツや自転車に乗るなど、デリケートゾーンの摩擦で濃くなる可能性も否定できません。

デリケートゾーンの黒ずみは飲酒やタバコでも濃くなる

また、飲酒やたばこ、ファストフードを好んで食べたりすると血流が悪くなり、メラニン色素の排出が上手くできずデリケートゾーンの黒ずみが濃くなっていくこともあります。
更に日常的なストレスがあるとホルモンバランスが崩れて肌の新陳代謝やターンオーバーが上手くできないこともあるのです。
いくらデリケートゾーンの黒ずみケアをしても環境や生活習慣、ストレスでメラニン色素が濃くなるペースが早まればどのくらいで治るかは不透明になります。
本気でデリケートゾーンの黒ずみを治したいと思うなら黒ずみケアをするだけではなく環境や生活習慣なども改善した方が良いでしょう。

美白成分配合化粧品ならデリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治る?

デリケートゾーンの黒ずみが気になるけど、デリケートゾーンの黒ずみケア商品は高いから、美白成分が配合されている化粧品で黒ずみを治したいという人もいます。
美白成分配合化粧品を使用するとデリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るのでしょうか?

化粧品でデリケートゾーンの黒ずみは治らないことが多い

美白成分配合化粧品に配合されている美白成分は薬用や医薬部外品に含まれている美白成分より濃度が低いです。
デリケートゾーンの黒ずみ解消効果は望めない場合もあるでしょう。

顔に使える化粧品がデリケートゾーンに使えないことがある

顔や体に使用できる美白成分とデリケートゾーンでも使用することができる美容成分は異なる場合もあります。
デリケートゾーンにはIゾーンなど粘膜部分があるため、体には使用できても粘膜部分には使用できない成分というのもあるのです。

更にデリケートゾーンは、体や顔よりも皮膚自体が薄いので、体に塗った時には何も無かったのに、デリケートゾーンに使用したらトラブルになったというケースもあります。
美白成分配合化粧品をデリケートゾーンに全く使えないという事もありませんが、どのくらいで治るかは残念ながらデータがありません。

化粧品によってはデリケートゾーンに使用不可のものもあるので注意書きなどをしっかり読んで正しく使いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは部位によってどのくらいで治るかが異なる?

VIOはデリケートゾーンの部位を現しますが、デリケートゾーンの黒ずみはVラインとIラインが気になるという人がほとんどです。
一般的にデリケートゾーンの黒ずみでVラインよりもIラインの方が濃いと言われています。
デリケートゾーンでもVラインは目につきやすくIラインよりも皮膚が厚いですが、Iラインは鏡や写真撮影などで確認しないと自分でも見られず皮膚もVラインより薄くメラニン色素が濃くなりがちです。

VラインとIラインではデリケートゾーンの黒ずみの濃さが違う?

VラインとIラインのデリケートゾーンの黒ずみ濃さがどのくらい違うかというと個人差はありますがワントーン濃いのがIラインだと考えても良いでしょう。
Vラインがライトブラウンなら、Iラインは濃いブラウンやブラックに近い場合もあります。
つまり、VラインとIラインの黒ずみをどのくらいで治るか比較した場合、Iラインの黒ずみは治るまでの期間が長くなる傾向があるでしょう。
デリケートゾーンの黒ずみは部位によってどのくらいで治るか異なるので、気になるなら早めにケアを始めてください。

■人気のページ
デリケートゾーン黒ずみにおすすめの市販クリームや石鹸を紹介
デリケートゾーンの黒ずみはニベアで解消できる?効果と口コミを検証
デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科治療がベスト!選ぶ際の注意点も知りたい